脇道を行く

ー 日々の暮らしを つれづれに・・ ー 

ひと夏の経験

f:id:yakuroutan:20210313232143p:plain

 

△ 百恵のシングルを1枚だけ買った事があるが、それがこの曲・・ 10代初期の揺れる頃のイメージのモノだけれど とにかく地味な雰囲気のこの子に、起死回生のどんでん返しで 何かのきっかけと始まりが起きた時期・・ この時を思い起こすと、もうひとりの人物が浮かびあがって来てしまう

 

池田理代子氏だ・・!!   この人も地味でトップの週刊誌の中にはおらず 月間や増刊号の中に何時もいた 「上手いのに何故売れないのかな?」 と ずっと思って居たが、マーガレットの巨塔だった水野英子と、西谷祥子が 姉妹紙のいくらか年上を狙った、セブンティーンにもっていかれ 次代を担う大変な役を背負ってしまった池田さん

 

ここいらでの作品・・お兄様へ を見た時には、ビックリしたし 人が変わる時をまざまざと目にした。 そしてその後の ベルサイユのバラ で不動の地位を築いたけれど 才能が無ければ、当然潰れて居た  !! 久しぶりにこの曲のタイトルを目にして、そんな頃を思い出す今日の午後 TOKYOは曇り空の下です  

 

f:id:yakuroutan:20210315221610p:plain

        www.youtube.com

 

 

若葉のささやき

f:id:yakuroutan:20210313232143p:plain

 △ はてな へ初めて来た頃の あの時 が、まさかに又戻って来た。 GIMPのコトを書いてみたかったし、その合間に曲を流し そして絵も載せて行く・・ が 今回は絵の応援は無理? 64ビット環境にして内部増設が見込めないので、苦肉の策でやった ハードデスク・スタンドが 20年近く貯めていたデータを一瞬で、おシャカにしてくれた。

 

パソコン世界とはこう云う風だと、さんざん色々な機会においてやられてきたが 逆に過去の アリバイ が 無くなったってコト? また描けばいい・・ が さすがに今回は援軍が欲しい 童話っぽい絵ばかりやってきてたんだし、ここは一丁 白雪姫に頼もう  !!   季節は6月に向かって居る 毎年自分の内面の 何かが暴れだす季節・・

 

そしてそれが今年も、始まってくれた 「いいぞ  !!  ]

 

f:id:yakuroutan:20210315224849p:plain

        www.youtube.com