脇道を行く

ー 日々の暮らしを つれづれに・・ ー 

グッドバイ / メリー・ホプキン

 

△ みなさまお変わりは御座いませんか !!  はてな歌のアルバム、司会の弥九郎でございます・・・相も変わらずに未だに腰が痛くて、体を海老反りにして気持ちよく悶えてますが 医者で貰った飲み薬が効いてるみたいで、立つのに少しはラクになったけど コシってですねぇ、あの〜ケツちゃんの上の部分でないですか?

 

ケツちゃんなら結膜炎だの支離滅裂だの高血圧だのって症状が解るけど、コシじゃ「越谷へ行こっかな」位しかやれない乏しい想像力だし、こんな中学生みたいな文章をやってる・・・「進歩が無い自分だなぁ」と つまらないコトで落ち込んで、書かなきゃよかったみたい?なマントルピースな午後のひととき

こう云うコトが多いので、例によって また壁紙を替えて気分転換してまーす 以前に寺尾聰の曲なんかで使ってたモノですが、元のサイズは横が4000ピクセルくらいで そのウチにまた使おうと思ってとっておいたのでした 何とか始めたリナックス生活も、ほどほどにやれてます

 

 

△ で 今週の音楽レポートは、腰が痛いので気合を入れる為に 日曜から始めたのですが、チョコレート・サンデーって大好きなんですよ・・で イイ年こいて吉沢京子ちゃんは今でも好きでして、マーガレットに載り出したのが  14歳くらいの頃だったろうから、かなりファンを続けてますよねぇ  向こうには迷惑でしょうけど・・ 

 

なので今週の出だしの曲はホールド・オン・・ソウル・ナンバーの出だしでして 週のラストには映画に使われてた、噂の男でしたけど 途中のロック・ナンバーのシュガー・ベィビー・ラブの幼稚ぽさ?みたいので、いくらか生活のリズム迄がイマイチ狂ってました・・ここいらのギャップを埋める為に、

ヴェンチャーズに登場してもらったりで そうしないと日に一度のウォーキングにも影響してくるし、暮らしの段取りにも関わってくるので かなりにこの音楽レポートは、自分的には生活そのものだったり・・・なのですが そろそろここいらから曲の解説を、下にやって行きますので

 

 

GOODBYE (1969) - Mary Hopkin

 

△ 当時のB4でポールの歌ってゐた、ハロー・グッドバイ の姉妹曲として作られたナンバーで アップル・レコードが発足して、<悲しき天使> をヒットさせていた歌姫 メリー・ホプキン の、続いてのヒット・ナンバーになり ライヴを辞めて、スタジオ・ミュージシャンとしての生活になっていたB4の 足掛かりを固めて行く、幸先の良い出来事になったのでした

 

ビージーズの マサチューセッツ の曲に呼応して スコット・マッケンジーが 花の サンフランシスコ を歌ったりで、当時は面白かったりでしたけど それに対してマリファナやら、ヒッピー そしてサイケディリックなどの言葉も生まれた頃・・ ドアーズのジム・モリソン そしてジミ・ヘンドリックス 

ストーンズブライアン・ジョーンズ ジャニス・ジョプリン 等が次々に逝ってしまい、大麻やドラッグ等の良からぬ噂も出た時代でも有ったりでした と 土日は以前に載せた曲の、また聴きたいモノをアンコールでGo,s-Onでして しっかりと手抜きの日ですが、まーなにか童謡みたいでいい曲です・・

 

 

   www.youtube.com